最新ニュース

ナッツと雑穀のボウル

Prolife Foods社は、無駄のない搬送ソリューションを手に入れ、短期間でROIを達成しました。

 

Prolife Foods社は、ピーナッツとカシューナッツのバルクハンドリングに適したコンベヤシステムを必要としていました。また、廃棄物をなくすため、搬送中に製品を完全に密閉し、材料を損傷したり劣化させたりしない搬送システムが必要でした。プロライフ・フーズ社では、食品用ナッツの衛生的な搬送に、オリジナルのF3フロベヤーを使用しています。

 

家族経営によるFMCG食品加工事業

 

プロライフ・フーズは、ニュージーランドに本社を置く、株式非公開のグローバル食品会社です。同社は1984年にBernie CrosbyとKaye Crosbyによって「こだわりのサービスとともに素晴らしい食品を提供する」ことを目的に設立されました。同社のポートフォリオは、ナッツ、ドライフルーツ、シリアル、穀物、その他の食品からなるFMCGブランドで構成されています。プロライフ・フーズ社は、ニュージーランドのハミルトンにあるTe Rapa製造工場で、ピーナッツとカシューナッツを搬送する際に発生する廃棄物を削減したいと考えていました。

 

プロライフ・フーズ社では、食品用マテリアルハンドリングにおいて、ナッツの衛生的な搬送にオリジナルのF3フロベヤーを使用しています。

製品の劣化がなく、流出や廃棄を削減することができる

 

桟橋付きベルトコンベアにより、焙煎工程とバルクバッグ包装工程の間でこぼれが発生していました。この流失物は毎日掃き集めて廃棄しなければならず、Prolife Foodsは1日に数キログラムの製品を失っていました。

 

課題は、ナットに傷をつけない、壊さない、劣化させない、製品を封じ込め、製品の流出や廃棄をなくす、優しいハンドリングの搬送システムを見つけることでした。

 

スイッチ搬送システム

 

長さ3mのF3フローバイヤーは、製品の試用が完了した後に選ばれました。304ステンレス鋼で製造され、高さと角度を調整できる可動式フレームに取り付けられており、プロセスインターフェースのニーズに完璧に応えました。購入から生産までのターンオーバーは3ヶ月と短かったです。設置以来、生産は無駄なく行われています。

 

Prolife Foods社のエンジニア、Albert Carsten氏は、使いやすさと洗浄能力を理由にフロベヤーを選択したことに満足しています。

 

「焙煎機の前に置いておき、焙煎の合間にクリーニングベイに移動して洗浄するんです。

 

「掃除するときは、製品を動かすときと逆回転にすると早く回るので、その逆回転で水をかけています。回転させながら水をかけるんです」。

 

廃棄物削減で大きなコスト削減と迅速なROIを実現

 

12カ月間の稼働後、製品の劣化はなく、製品の移動も完全に抑制され、Prolife Foodsは約50,000NZDの廃棄物削減を達成しました。

 

「このフロワイヤーは、私たちのために非常によく働いてくれています。古いグースネックコンベアでは多くの製品を失っていましたが、このフロベヤーを使ってすべての製品を回収しています。短期間で元が取れました。 とAlbertは言います。

 

Prolife Foods は現在、ピーカン、クルミ、ブラジルのナッツなど、油漬けや塩漬けの製品を扱うため、敷地全体にオリジナルのフロベヤコンベヤを追加導入しています。最初の機械の成功により、Prolife Foods 社はオーストラリアのビクトリア工場で使用するために、さらに 2 台のオリジナルのフローバイヤー F3 コンベヤーを購入しました。同じレベルの稼働率と節約を達成しました。

 

FMCG食品加工において、フロベヤのオリジナル搬送システムをどのように利用できるか、情報をお求めでしたら、ぜひ弊社にご連絡ください。私たちは、微粉末や顆粒を優しく衛生的に搬送し、TCO(総所有コスト)を抑え、お客様の投資を素早く回収するための様々な搬送機械・装置を取り揃えています。